【2019最新版】VODサービスをVRで視聴する方法とは?!

【2019最新版】VODサービスをVRで視聴する方法とは?!

2015年ごろから急速に発展を遂げているVODサービス。

 

ふと、日本の動画配信サービスをVRで視聴することができるのかな?!
といった疑問が浮かんできたため、これを考えていきたいと思います。

 

 

VRで視聴できる動画配信サービスは?

 

  • YOUTUBE
  • NETFLIX
  • dtv
  • DMM(FANZA)

 

結論からいいますと現時点では、上記の4つのサービスのみ、VRでの視聴が可能です。

 

海外では結構VRが浸透していますが、日本では「そんないい?」って感じの印象を持っている方も多いはず。

 

VR市場に一定のニーズがあるのは事実なんですが、
映画館などで3D上映で視聴できてしまえば十分、
ゲーム機などでVR体験できれば十分というのが正直なところなようです。

 

それでは、それぞれの視聴のやり方について解説していきたいと思います!
基本的にはwifi環境が必要になります。

 

どうやって動画配信サービスとみるのか?

 

まず必要になるのは、

 

・スマホ
・VRゴーグル

 

の二つですね。
スマホは持っているとして、VRゴーグルも必要になってきますが、これもピンキリです。
直感で手ごろなものを選びましょう。
おすすめはこちらの二つ。

 

このVRゴーグルと、スマホ、そしてそれぞれの会社が出しているアプリをつなぐことによって視聴が可能となります!

 

 

YOUTUBE VRを視聴する方法

 

YOUTUBEではVRゴーグルをつけなくても、ユーチューブアプリを使うことでスマホでも360°ぐるぐる回すこと、
スワイプといって指でシュッシュすれば、VRゴーグルの中と同じような視覚体験をすることができますし、見渡せるのでオススメです。
意外とこのVR360°機能がついたことを知らない方が多いのではないかと思います。

 

ヘッドフォン機能がついているVRゴーグルならよいですが、
そうでない方は別でヘッドフォンをつけるとより臨場感あふれる視聴が可能になります!

 

 

NETFLIX VR視聴する方法

 

Gear VR
Daydream View

 

これらを使用しますが、VRを視聴するというのとはちょっと違って、自分が部屋の中にいて、画面を見ているというVR体験ができます(笑)
ここはちょっと間違えやすいところですの注意です。

 

 

dtv  VR視聴する方法

dtvのVRは今のところ日本で見れる動画配信サービスの形としては一番理想的かもしれません。
「dtvVR」というアプリをダウンロードして、VRゴーグルと連動させることにより視聴が可能になります。

 

ただし、対応機種としては

 

  • アイフォン IOS 8.0以降
  • スマホ Android 4.4以降

 

 

DMM VR視聴する方法

DMMの場合も別でアプリを取得します。
言わずと知れたセクシーVR。これが日本で今一番熱いVRかもしれません。

 

 

まだまだ発展途上のVR業界

 

まだまだ発展途上のVR業界ですが、YOUTUBEが導入し始めたこともあり、今後は人気アーティストやユーチューバーたちが広めていく可能が十分にあり得ますし、
今はストレスの多いVRゴーグルも、そのうち改良されていくことでしょう。

 

Huluという動画配信サービスでも、海外のHuluではすでにVRを取り入れているようなので、もしかしたら日本のHuluもその影響を受けて導入される可能性はあるのではないでしょうか?

 

ということで、最後まで視聴いただきありがとうございました!

page top